ごあいさつ

樋渡 章嗣
(ひわたし あきつぐ)

★資格

司法書士(神奈川県会第2207号)
簡裁訴訟代理関係業務の認定(第1101156号)
行政書士(有資格)
家族信託専門士
FP技能士

★所属

神奈川県司法書士会
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート
一般社団法人家族信託普及協会
一般社団法人日本財産管理協会
横浜商工会議所

司法書士ともしび事務所は、家族信託・遺言・相続専門の司法書士事務所です。
「家族信託」という新しい手法を使ってお客様のお悩みを解決している全国的にも数少ない専門家です。

私は2008年に司法書士試験に合格した後、不動産取引や会社法人の法務など様々な業務を経験しましたが、
一番多く・長くたずさわってきたのが遺産相続に関する業務です。
(ありがたいことに、司法書士法人に勤務していた前職時代を含め800件以上の案件をご依頼いただきました。)

前職時代は相続があった後の手続きをお手伝いすることが多かったのですが、
「前もって対策をしていれば大変な思いをしなくてよかったのに。」と思うことも多く、
事前の相続対策や、さらに前の認知症対策にも取り組む必要を感じました。

そんな時に出会ったのが「家族信託」で、これまでの制度では叶えられなかった想い・願いを叶えられる
大きな可能性を感じ、注力するため当事務所を開業いたしました。

これまでに培った遺産相続・遺言の知識に加え、「家族信託」のエキスパートとして、
お客様の『想い』を叶えるお手伝いに取り組んでまいります。

事務所名の由来

ともしび(灯、灯火、燈火)… ともして明かりとする火のこと

明るく光るともしびは、夜の闇や暗い所を照らして進むべき方向が見えない人に安心を与えます。
また、温かなろうそくの炎は、傷つき・悲しむ心を優しく癒してくれます。
お客様にとって、そんな「ともしび」のような存在になりたいとの思いからこの名前を付けました。

ときに灯台の光のように未来を明るく照らし、ときにろうそくの炎のように心を癒せるような、
そんな事務所を目指します。

ロゴマークについて

☆ともしび(炎の部分)
「法務サービスにより悩みや悲しみという暗闇を照らし、明るい未来へ導く」という当事務所の理念・ミッションを象徴しています。

☆支柱(ろうの部分)
ともしびのTと横浜のYを表し、横浜のみなさまとともに歩んでいく想いを表しています。

☆まわりを囲う曲線
よく見るとハート型になっており、「心温まる・ハートフルなサービスを」という当事務所の行動指針を表現しています。